個人情報保護規程

(目的)
第1条 この規程は、公益社団法人日本リウマチ友の会(以下本会という)が本会の定款第52条に基づき、
    個人情報について定める。

(適用対象及び範囲)
第2条 この規程は、本会会員及び本会の事業に従事するすべての者に適用し、本会の事業活動に伴う個人
    情報を対象とする。

(個人情報の定義)
第3条 「個人情報」とは、本会のウェブサイトや電子メール・郵送等で会員及び本会の活動に参加する非会員
    から提供を受けた住所・氏名・電話番号・電子メールアドレス・個人の履歴等、特定の個人を識別
    できる情報をいう。

(利用目的)
第4条 本会が取り扱う個人情報は、次に掲げる目的に利用する。
(1)機関紙及び資料の送付
(2)会費請求の送付
(3)相談に対する回答の送付
(4)その他、本会の活動に必要で、理事会が認める事業

(個人情報の取得)
第5条 個人情報は、本人の同意のもとに取得するものとし、虚偽その他不正の手段により取得しない。
  2 個人情報は、この規程に定める利用目的に限定して取得するとともに、取得目的を本人に通知する。

(管理及び利用)
第6条 本会の個人情報の取得・管理・利用は本部で行い、個人情報管理責任者は、会長とする。
  2 個人情報は、本人の同意を得ずに利用目的を逸脱して取り扱わない。
  3 個人情報を継続的に利用するに当たり、個人情報の流出・改ざん等が起きないよう安全管理に万全を
    期する。
  4 取得目的が達せられた個人情報は、安全対策を取った上で廃棄する。
  5 技術上予期し得ない方法による不正アクセスなどにより、改ざん・漏洩などの被害を受けた場合には、
    本会はその責を負わないものとする。

(開示及び訂正)
第7条 本会の本部は、本人からの問い合わせ等に応じる窓口を設ける。
  2 本人から本会が保有する個人情報の開示・訂正・削除の申し出があった場合は、管理責任者は調査上
    必要な措置を取り、本人に通知する。ただし次に該当する場合は、非開示とすることができる。
   (1)本会の業務遂行に著しい支障を及ぼすおそれがある場合
   (2)法令違反となる場合

(第三者への提供制限)
第8条 本人の同意を得ずに、第三者に対し個人情報を提供しない。ただし、本会の利用目的に資する場合
    及び法令に基づく場合、ならびに人の生命・身体・財産保護のため必要があり、かつ本人の同意を
    得ることが困難な場合は、この限りでない。

(委託先の監督)
第9条 個人情報の取り扱いの全部または一部を外部に委託する場合は、委託先の管理体制を調査の上、流出・
    改ざん等が起きないよう万全の措置を取ることを契約で義務付け、また必要に応じて委託業務の遂行
    状況を監督する。

(規程の改正)
第10条 この規程の改正は、理事会が行う。

付 則
  この規程は、平成24年4月1日より施行 
        平成29年5月6日 改定